コミュニケーションによる信頼関係

フリーエンジニアの方には「もう何度も同じクライアントから仕事を請けている」という方がいると思います。しかし、何度も仕事をしているにも関わらず「クライアントとの関係性は変わっていない」という方もいるでしょう。「どうして他のエンジニアの様に打ち解けることが出来ないのだろうか?」と悩んでいる方もいるかもしれません。

そこで、フリーエンジニアのコミュニケーションによる信頼関係について考えてみました。既に何度も仕事をしているにも関わらず、クライアントとの距離が縮まっていないと感じている方は、普段どのようにクライアントと接していますか?コミュニケーションは十分とれているでしょうか。コミュニケーションというのは、クライアントの意向を確認するためにも大切なことですが、それ以外にも信頼関係を築くために欠かせないものなのです。時にはクライアントから無理難題を言われることもあるでしょう。その際、しっかりとコミュニケーションを取ることが出来れば、どんなに悪い雰囲気でも信頼関係は築けるでしょう。中には「もう付き合いが長いから」と敬語などを使わずに会話をしている方もいるようですが、これでは良い信頼関係は築くことが出来ない気がします。お客様である以上、礼儀正しい対応をすることが必要なのです。これを繰り返してこそ、信頼関係を築くことが出来ます。また、打ち合わせには時間に正確であることも必要となります。それから、万が一トラブルが発生した際には隠さず早い段階で伝えていくことも信頼へと繋がるでしょう。
このように、フリーエンジニアのコミュニケーションというのは仕事をスムーズにするだけではなく、クライアントと信頼関係を築くためにも欠かせません。信頼関係を築くためにもコミュニケーションを取るように心がけましょう。コミュニケーションをとり、信頼関係を築く大切さは、エンジニアだけではなくフリーランスとして働く方全員に共通して言えることなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エンジニアならコミュニケーションを上手にとろう!